治療の種類として|肝臓がんと闘うあなたの希望の光となるように

肝臓がんと闘うあなたの希望の光となるように

治療の種類として

悩んでいる女性

子宮頸がんの治療は、局所療法と全身療法によるものとに大別することができます。前者の局所療法とは、子宮頸がんそのものを切除する外科手術、直接放射線を照射する放射線療法などが挙げられます。一方、全身療法とは、子宮頸だけでなく他の臓器にも転移している場合に行われるものです。抗がん剤の投与と免疫細胞療法などがあります。抗がん剤は細胞の増殖を抑制するだけでなく攻撃する役割も持ってます。以前は錠剤タイプしかありませんでしたが、点滴注射タイプも増えています。免疫細胞療法は免疫細胞を取り出して増殖させてから身体の中に戻して身体全体の免疫力を向上させるというものです。子宮頸がんの治療方法のおおまかな特徴はこのとおりになります。

昔から外科手術と抗がん剤投与による治療が代表的なものでしたが、放射線療法も少し前からこの2つに並ぶようになりました。子宮頸がんに直接的に照射して臓器の機能を保存したまま治療することができます。外科手術の場合はがんが広がっている場合は子宮そのものを切除する必要があります。放射線療法ではこのようなことはありません。身体に対する負担も少なく高齢女性であっても受けられる治療方法です。放射線療法のメカニズムとしては、まず細胞のDNAに放射線を入れて分裂能力を失わせたり、アポトーシス現象を引き起こします。そうして、がん細胞を確実に減らしていきます。子宮頸がんは他の部位よりも治療しやすい部位ですので、少しでも異常を感じれば病院に行きましょう。

Copyright © 2016 肝臓がんと闘うあなたの希望の光となるように All Rights Reserved.