セルフチェックの必要性|肝臓がんと闘うあなたの希望の光となるように

肝臓がんと闘うあなたの希望の光となるように

セルフチェックの必要性

病院

セルフチェックのやり方

乳がんは他の癌と違い、体の表面に近い場所で発生します。そのためセルフチェックを行うことで、早期発見ができる癌でもあります。主なチェックポイントは2つです。まずは、乳房の変形や左右差、しこりやへこみがないかです。もともと乳房は左右対象ではないため、普段との違いを発見することが重要です。次に、乳房にただれや出血などの異常分泌物がないかです。ホルモンバランスの乱れにより、乳白色の分泌物が出ることがありますが、血液性の物には注意が必要です。セルフチェックのやり方は、入浴前鏡の前で行うとより精度が上がります。まず両腕を下げ、まっすぐ立った状態で乳房と乳頭を観察します。次に両手を高く上げ、正面、側面、斜めの3方向から乳房に異常がないか確認します。最後に乳頭を軽くつまみ分泌物の有無を確認します。乳がんは早期発見すれば90%は治るがんと言われています。そのためにはセルフチェックで自分の乳房をきちんと知っておくことが大切です。

定期検診の必要性

乳がんの早期発見には、セルフチェックに加えて、定期検診を受けることも大切です。特に発症率が急増する40代からは、2年に1度の検診が勧められています。乳がんの検査は、問診、視診、触診、マンモグラフィー、超音波などがあります。マンモグラフィーとは、乳房を片方ずつX線フィルムを入れた台にはさみ、乳房を詳細に撮影する方法です。この方法の導入により、乳がんの発見率が上がりました。しかし乳腺の発達した、20代、30代の女性の中には、激痛を伴い検査できないこともあります。このため視診、触診、超音波などを使い併用検査を行い発見のもれを防いでいます。現在乳がん検診は、各市区町村で様々な補助が受けられます。自分の住んでいる地域の情報を集め、有効に活用していくことが重要です。

Copyright © 2016 肝臓がんと闘うあなたの希望の光となるように All Rights Reserved.