肝臓がんと闘うあなたの希望の光となるように

治療の種類として

悩んでいる女性

子宮頸がんの治療は大別すると局所療法と全身療法の2つがあります。昔から有名な抗がん剤は後者であり、外科手術は前者に分類されます。また、これら2つに次ぐ治療方法として放射線療法があります。負担が少なく高齢女性でも受けられます。

もっと見る

がん予防とウイルス対策

シニアの患者

肝炎ウイルス検査が必要

肝臓がんに関しましては、転移性のタイプを除外し、大半が肝炎ウイルスを基にしている慢性肝炎、あるいは肝硬変などを経過してあらわれてきます。その結果肝臓がんを防ぐためには、まず第一に肝炎ウイルス検査を受けることが肝要になってきます。 肝炎ウイルスの中にあっても、肝臓がんに変容するのはB型及びC型というものになります。どちらの方も血液検査によって抗体が有るか無いかをチェックすることを通して容易に知ることができますので、一回も受けたことが全くない方は積極的に受けるようにした方が良いでしょう。 たくさんの地方自治体では、肝炎ウイルス検査をしてもらったことのない方を対象としてフリーで実行しています。 注射針の流用など、戸惑いを覚える行為があったケースでは、感染が疑問視されるキッカケから3ヶ月以上過ぎてから検査をして貰ったほうが、適正な結果が分かります。

肝炎ウイルスの療法

肝炎ウイルスについての感染が明らかになったケースになると、速やかに専門にした医療機関において精密検査をして貰った上で、実効性のある治療をして貰うことが重要になります。 現時点での肝炎療法としましては、おもにいわゆるインターフェロン製剤を使っての抗ウイルス療法が施されています。そうすることにより充分な有効性を得られなかったケースになると、肝細胞の破壊する速度をおくらせる肝庇護療法に移行することもあり得ます。 どっちにしろ肝炎の時点で発見が可能であるなら、治療法、あるいは一定期間ごとの観察によりまして、進行を押さえ込める可能性が大きくなります。肝臓がんの発症をストップするうえでも、まず第一に肝炎ウイルスの検査を行なってもらうことからトライすることを推奨します。

立ち仕事の人に多い病気

頭を抱える女の人

下肢静脈瘤は足の表面に走っている静脈がうっ血を起こし、隆起してしまう病気です。重症化すると歩行が困難になったりすることもあります。治療は医療用ストッキングを用いた保存療法のほか、各種の手術療法があります。

もっと見る

セルフチェックの必要性

病院

乳がんは体の表面付近で発生するため、セルフチェックで見つけることのできる癌です。入浴前鏡の前で、異常がないか日々チェックしておくことが、早期発見につながります。また発症率が上がる40代からは、2年に1度の定期検診を受けることも重要です。

もっと見る

Copyright © 2016 肝臓がんと闘うあなたの希望の光となるように All Rights Reserved.